読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パニックしたとき(進行形

下書きが全部消えて軽くめんどくさくなっている




何があったか

何かしら常にまぁみんなあるんだろうけど

その度に気付いて書かないと





すぐ忘れる

大事なことほど



というわけで、パニックになった話

むしろパニックになってる話(進行形)


学校から明日提出の課題が出まして


もう頭ぐっちゃぐちゃ
頭ぐっちゃぐちゃ


明日バイトなのに
時間ない


でも何故か終わらせる自信はある
(やれば 終わるって自信?)

でも終わらない自信もある
(書けないパニックになる気がして)


どうしようどうしよう
学校にはもう残れない
明日バイトのあとも時間がない

帰る時間が勿体無い
彼氏んちいくか?
でも明日バイトだから結局早起きしなきゃいけない

もうやだむりむりむりむりうわぁぁぁどうしようどうしようダメだもうダメだー!



なんでもないよーに考える努力をするけど
なんでもなくない!やばい!!!
って考えと拮抗して

もうやだむりむりむりが高まる

できないくせに完璧主義で

まず帰ることより


課題を提出しなきゃいけない
明日バイトだから時間ない

に頭が囚われてしまって

動けなくなってしまった


ふと降ってくる考え

「こんなこと前にあった気がするし彼氏氏になんかいわれた気がする」

っておもいまして


彼氏氏の言葉を思い出した


「誰かの為に動くことができる 考えることができるっていうのは良いことだと思うけどね
でもそこでそれが余計なことなのか、って

一歩踏み止まることをしない、出来ないところがあるのよね

そこなのよね
草むしりしても、部屋を片付けても、自分で誰かの為になってるって実感しにくいのよね

だから結果を予測して行動するってところに行き着かないと思うんだ」


もうほんとこの人よく私のこと見てますよね




まぁ


一歩踏み止まる
結果を予測して行動する

ってことが私にとって重要で


前に出掛けた後に
疲れたけど貴方の家行きたいわ

ってなった時に


今日はやめとこう
今日はやめよう
だってお互い疲れてるし
家でやらなきゃいけないことあるでしょ?(実際あった)
そんな状態で来たって
俺は疲れててあなたにロクに構えないし
わかりきってるでしょ
だからやめよう
お互いの家に帰って、自分のやらなきゃいけないことやりましょ


って淡々と諭されたことを思い出して
結果を予測して行動する とは


まて
まてまて

私はやらなきゃいけない事がある
そしてとっとと寝なきゃならない
そんな状態で彼氏んち行っても
時間ないし
やめとこう

ってなるまでに約1時間

ぐちゃぐちゃがようやくようやく若干解けて

よし

家に帰るぞ
どう帰る?
チャリ置いて電車で帰ろう


いややめた チャリで帰ろう
どうせ大して変わらん


あーーーーーでも家帰ってもご飯ない


お腹すいたお腹すいたあぁぁまた頭ぐちゃぐちゃしてきた



飯だ!!!



ってことになりまして


松屋in(今ここ)




と言った感じです。

食休み中です。




最近気がついたんだけど

パニック?になってる時

目をくわっと見開き続けていたり
手が震えたり
息がしづらかったり

するんだけど

これは何だろうか


今も若干その感じはあるんだけど

なんとか落ち着いてきたところである。



空腹はほんとパフォーマンス低下させるから

これからはパニックになりそうな時
腹減ってたら

まずなんか食べよう


ってことにしようと思う。





すぐにダメになっちゃう


なんとか持ち直せたのは

彼氏氏の言葉を思い出したこと
あと友人の過去の姿を思い出したこと
完璧主義である自分を思い出したこと



友人がなんだかもうかなり前だけど
無理してる?時に 目を思い切り開いていたなぁと そんな姿を何故か思い出した
そして友人の今の姿を思い出して
あー色々話したなぁ…って

ちょっと落ち着いた たぶん




思ったことも思い出したこともすぐ書かないと忘れちゃう
大事なことを言ってくれたこと
受け取った自分がいたことを思い出して
一歩踏みとどまってから動き出すことをちゃんと行うこと

そうすれば過去の自分に対して後悔してまたうじうじやっちまったーって無駄に頭抱えないで済む

とりあえず今は
今から行動に移すから

実行 感じる は 、まだ。
ここまでしか書かないってちょっと気持ち悪いけどさーーー




結局自分がどうなってるのか
どういう性質があるのか
もしかしたらその性質に名前がつくのか?

って考えるけどまだわからない

そのうちわかるかもしれない




自己分析に飽きた

飽きたことにする。だから好きな人たちのことを考えるつもり

感じたことを思ったことをそのまま書くつもり



しかしなんでこんなに途方もなく窮屈な気分になっている?今

大丈夫 動けるって自信がある うん。




とりあえず
とりあえず
とりあえず



帰るぞオラァ!

















(ここまで読んでくれた人は
私が明日、課題を無事提出できるように祈ってください)