読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイミングね。



土日をガーっと文化祭に使って

2日

めっちゃ寝た。

いっぱい夢を見た。


SPになるべく身売りをされたり

そんで今ソシャゲでよく使う武器が出てきて

これいいんだよね〜うへへ〜って

恐怖も緊張感もなく過ごしてる夢とか


自転車で大きい街道を爆走している夢とか



数週間前は悪夢に悩まされていて

その時の夢は恐怖感を感じていたけど


基本的に夢においてどんな状況でも

恐怖を感じることはなく

どういうことなのかな?って



いろいろ考えていたら、ここ数日現実感なく過ごしていたかもしれない

ということに気づいた

地に足ついてる感じがーしなくてねー

ひとりでいる瞬間があんまりなくて。

文化祭の前後は彼氏氏の家に入り浸っていた

文化祭の日はかえってきて爆睡していたのであんまり記憶はないが(しかも超飲んでた)

いま数日ぶりに実家に帰ってきて





ぽーっと過ごしている。

心療内科に通っているんだが

記念すべき2回目の通院の日に

先生が体調を崩されたと連絡があり

とか


先日何度目かの学校のカウンセリングに行って

そのカウンセリングの先生は、臨床心理学の授業も受け持っているので

授業でもご一緒するわけで

授業で描いた絵を持って行って

見てもらったら、やはり改めて自分の一部分に気づいたりして

心や精神の世界って本当に深いなって。




精神の世界 で思い出した。

私はいま実家があって

学校があって

実家から学校は自転車で一時間

彼氏氏の家から学校まで自転車で15分

作業療法士を目指して勉強しているんだが

来年からは助手として働きたいと思っていて

しかし実家近くには大きい病院があんまりなくて

募集もなかなか実家近くではなくて
(ほんとにチャリ圏内でしか働きたくない。もう通勤通学に時間かけたくない。大学で懲りた。)

そんな折

本当に一時間ほど前に


「○○病院(彼氏氏の家から徒歩10分)で来年度、精神科の助手を募集するって」

という話を聞いて

!!!!!




私は精神科で働きたかったのだ

それか小児発達

ゆくゆくは心療内科か市役所とか福祉関係で働きたいと思っていたのだ



前々から、彼氏氏の家の近くの方が募集があったので

この話はしていたのだが

改めて話したところ


うちは好きに使いなさい

やりたい分野に行くって、そのための学校でしょ

今までとあんまり変わらないよ



って返してくれたことの有り難さ。



遊びに行く が
一緒に生活する に
変わる。


お互いに しっかり自立していないと

成り立たないってことはよっっっっっくわかった。

楽しいだけじゃダメで

相手のために掃除したり洗濯したりするのは違くて

自分のため




最初にこないと きてないからダメだったんだー


ってことは随分前に学んだので


本格的に、しっかりしないと!

という所存です。




相手のご両親は素晴らしい方々だった

お母様が高校教師

お父様が自営業

お話ししてると凄く楽しいんだー…




そしてそして


まぁゆくゆく家庭をもつということ


考えて


心療内科行って 先生とお話ししたんだけども

もしかしたら、精神科系の遺伝的特性があるかも

って話になって

前々から子供欲しくないって思ってたけど

思ってたけど

それも含めて全部彼氏氏に話したら



彼氏氏のお姉様が

重度の鬱だった時があって

その時に彼はちゃんとその疾患について調べて理解しようとしたのだ

根性論を振りかざすことなく ちゃんとわかる努力をしていたのだ


私は、要するにこういうことでしょ?

って言われて


そうだけどそうだけどーーーつらいのわかってよううううう!!!

ってなるのは当たり前なんだけども

わかってるよ って わかる努力をしてるよ

っていうアクションがある時点で

感情的に つらいね そうだね

って言うことよりも

分析して理論的に こういう状態なんだね

って言うことの方が、言えちゃうことの方が、本当は、実は 難しい。

ちゃんとわかろうとしないとわからないことだから。



きっと本当は 多少は心配してくれていたのだ

たぶん。

そうじゃなかったら そんなこと言わないだろーなー、そうだよなー。

って、二週間ほど経って納得している。



感情的に寄り添うことが容易くて、効果は比較的短期的で

理論的に理解して話すことが難しくて効果的かどうかは相手と自分に委ねられるってことを

彼はよく知っている



私はどっちも大事と思うよ。

だから、いつもありがとう(友人K氏へ)

って、ふと降ってきた。


どっちもあるとちゃんと覚えてるし思い出すことが出来るんだよなーーー。ってことを、日々実感している


先日の、課題パニックの時なんかそう。



彼氏氏曰く、彼氏氏母のお言葉


「工夫しろ、頭を使え」


ってシンプルかつ衝撃的な言葉があって




文化祭の準備してる時

なかなかなかなか終わらなくて

その言葉が頭によぎって

テキパキできました(語彙力)




エピソード記憶って、頭に残りやすいからね。





そんな私の周りの人々のやりとりや

言葉とかをまた

大事にしていきたいし、自分も振り返りたいな…って漠然と思っていたから作業療法士を目指したわけで

だから精神科かなって思ったわけで

一歩踏み出せる機会があるということは

有り難いことなのだ。





うん、感謝だね。


よーし、やったったんぞー


再来週末は奄美だ!