読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人がうつになりまして

表題通りなんですけど。

 

しばらくぶりの友達に会いまして

なにかなー、またこういう流れならもしかして結婚とかかなー?

 

「鬱になった」

 

「マジかよごめん」

 

半端に間抜けな会話をしてしまった。

 

 

今までの話、

ぶっちゃけた話、誰か友人が死を選んだとしても、それがその人の決断の結果なら悲しいけどそれもありだよなぁ

って本気で思っていたんだけど

その友人には何でだろう、死んでほしくない………って思ってしまったのだ

裏側に隠されてるのは自分の駄目さなんだけど

二、三時間くらい話してて、自分の弱さを直視する結果になった。

 

あぁーーー駄目だぁーーーごめーーんー

って反省しながら話していた

 

「何だかよくわからない」現象?事象?が、目の前にあって、起こっていて、起こっている人がいて

今まで感じたことがないようなわけのわからなさを感じてしまった。

つい、数年前はよく遊んでいたのに

酒飲んでぎゃーんっ ふわわーってなって楽しかったのに

しんどいけどまーなんとかなるわなってお話ししあってきたのに

 

何が違ったのか、何が良かったのか

わからないなーー…って

私にとっての特効薬は島に行って人間関係全部一旦ブチることだった

あー私別に人の中にいなくたって自分は価値あるわーって思ったこと

自分は自分であり代わりになるものはいない たぶん。だから私は私のやりたいこと頑張ればいいんだー…誰かの期待に叶うように頑張らなくていいんだー

って思えたこと。

 

だから今回の友人の件で

何かしなきゃ 力にならなきゃ

って思って自分のやらなきゃいけないことを蔑ろにしてはいない

するつもりもない

しちゃいけないのはここで自分がぶれること

だと思ってはいるんだけどさ

考えちゃうよーっ

 

 

生きづらかったり、不安だったりが爆発している友人をここ一年で目の当たりにし続けてしまった………弟や友人や家族や

ぜんぶいっしょくたにできないし

したくないしでも

みんな どっかで

平気な顔して生き続けていけなくなっていた

 

私は捨ててもいいものが多かったし、捨てて生きて行ける可能性があったし

捨てても生きていけちゃえたある意味図太さとかがあったから

今こうしている

これって有り難いことなんだよなー

 

図太さ大事

図太い自分の芯を持ってなきゃならんのね

ぶれないように